うつわをつくったり、絵を描いたりの日


by toyokoID
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森田和昌展  “FLOWER”

f0015614_22281151.jpg

土曜の午後のデッサン、なぜか続いています。

PCとボールペンで一日が終わる昨今、鉛筆を握ったのは何年ぶりだろうか?

しかもその“鉛筆”でのデッサンは、こりゃまた奥が深く、

いまいち気の抜けた毎日を送っている私にとって、ピリッと身の締まる、(気持ちだけ気持ち)

集中力高まる、充実した時間なのです。

そんな私のデッサン先生、森田和昌氏の個展が

7/15(日)~8/31((金)までの約1ヶ月半、(つまり夏休みだね)

福岡の現代美術ギャラリー トコラボで、

開催されます。

先生の描く“人”、素敵です!!

f0015614_22282856.jpg
f0015614_22284855.jpg


森田和昌・作品HP

現代美術ギャラリーHP

私もいつの日か、身近な人を描きたいな~♪
[PR]
Commented by Ryu at 2007-06-27 09:50 x
toyokoさん、先生の絵かっこいいですね~!!
そういえばtoyokoさんは「エゴンシーレ」が大好きでしたよね。
また少し違ったかんじ・・・かな?
九州の友達にすすめま~す!!
Commented by kazbizen at 2007-06-29 00:03
独特な雰囲気の絵ですね~!
自分もこのくらい雰囲気が出せたらな~と…
それからデッサン!気持ち引き締まりますよね~!
あの集中する感じ!自分でも好きです!
Commented by toyokoID at 2007-06-29 22:30
おおRyuさん、こんばんは~!
かっこいいですよねえ、先生の作品。そうご存知のとおり、エゴンシーレが好きです。森田先生の作品も同じように人間の繊細な内面を映し出しているようで、一目でファンになりました!!
私はたぶん行けないですが、九州は福岡ですよ~♪
Commented by toyokoID at 2007-06-29 22:40
Kazbizenさん、独特な雰囲気ある作品ですよね。
この“独特な雰囲気”ってなかなか経験とか感性とかいろいろなものから生まれるのかもしれないけど、むずかしいですよね。先生も独特?・・・でもないかな。。
そうそう、この週一デッサンが、私のリズムの最初であり最終であるような、そんな2時間になってきましたよ♪
・・・だったら行く前に鉛筆削らないと・・・です。(笑)

Commented by annebm at 2007-07-01 05:31 x
普段使わない神経というか、体の一部、もしくは感性が、ぴりりとする空間、時間ってけっこう大切だったりしますよね。アートにはそういう側面が強いような気がします。鉛筆のデッサンの、あの紙に描く音、懐かしい。うちの母は絵画教室を20年以上やっていたので、私もよくデッサンなどしていました。下手でしたけど(笑)あの集中と音。好きだったな。
先生の作品素敵ですね。人ってまたものとちがって線とか微妙で難しいのだろうなあ。描かれた時にはぜひのせてくださいね^^
下のぐみ、懐かしい〜。子供の頃、近所のおばさんの庭の木からとって食べていました。
Commented by toyokoID at 2007-07-01 09:08
annebmさんのお母様は絵画教室をされてたんですかあ、びっくりです。その中で育ったとは。annebmさんのすてきな感性は、その空気感だったり、デッサンの鉛筆の走る音だったり、すべて刻み込まれているんですねえ。
ほんと、気分だけでも身のしまる思い、なにかぴりりとする空間は、仕事から離れ、とても贅沢な時間です。
今は石膏の足を描いてます、これがまた大変で、人を描けるまではあとどのくらいかかるのでしょうねえ・・。(笑)
先生の作品は独特で、かなり魅力的です!!
私も楽しみながら努力して行こう♪と土曜になると思いますよん。
ぐみ、はじめて食べたんですよ~、すっぱいわあ。やっぱり今はさくらんぼ
、特に佐藤錦 (高っ!) ひたすら待ちわびる私なのです。
Commented by thousand-spring at 2007-07-01 11:07
ホント、独特の雰囲気がありますね。私は人物のデッサンはまだ一度もしたことがありません。いつかやってみたいなー。絵もとっても奥が深くて、まだまだ基礎編です。
Commented by toyokoID at 2007-07-01 21:15
thousandさん、そうなんです。先生の絵、かなり独特ですね。大好きです!
私も実はいつか人の顔を描きたくい!・・と思う気持ちからデッサンはじまました。今は石膏の足の指に苦労しています。千里の道も一歩から、、ですよね。楽しく続けていけたらな・・って思っていま~す♪
Commented by dirowo at 2007-07-03 09:13
森田和昌という方の作品は初めて見ました。
ぱっと見へルンバイン風なのかな、とも思いましたが
とても存在感のある作風ですね。

Commented by toyokoID at 2007-07-03 21:49
dirowoさん、こんばんは~♪今年からデッサン教えていただいてます。
ヘルンバイン風・・・なるほど~、とただちにグーグル検索しました。(汗)
そこまで思想的パフォーマンスは、、どうなのかな?
でもなぜか、なんともいえない存在感に、心惹かれてしまうのですね、
尊敬です。

Commented by ひな at 2007-07-08 12:10 x
私も森田先生の教え子ですw
Commented by toyokoID at 2007-07-08 20:54
ひなさん、こんばんは~!コメントありがとうございます。
そうなんですね・・・、私も森田先生の教え子(おばさん・・)で~す♪デッサンを教えていただいています、なかなか難しくて一歩進んで二歩下がる、、水前寺清子状態なんですね・・・これが。(汗)
Commented by ひな at 2007-07-21 23:07 x
そうなんですか~~w 私は、東海大菅生高校の美術部で、森田先生に指導していただいてます♪
私もなかなかうまくいきませんが、お互い頑張りましょうねw(^~^)
Commented by toyokoID at 2007-07-22 22:04
ひなさんは、高校生なんですねえ・・、私も高校の時美術専攻でしたよ、なつかしい♪
先生の作品は独特、躍動感があって魅力的ですよね。
その教え子(子・・・良い響きだあ)として、お互いがんばりましょうね。
そして、たまにはここへと遊びにきてくださいね~♪

by toyokoID | 2007-06-25 22:39 | いとおかしごと | Comments(14)