ひと息入れて、長皿。

f0015614_20204689.jpg

週末は、寒さもちょっとひと息かな。

風邪もなんとかおさまった感じ、、、良かったよかった~!

とはいえまだ1月、油断大敵、下半身は絶対に冷やさないようにしなくてはだ。

先日の発泡スチロールの型で、さっそく長皿をつくってみた。

赤近江土と白信楽を2対1で良く練ってから、タタラ7ミリで。

近江土だけだと、赤くごそごそして伸びが足りないのと、

以前この配合でマグ作ったとき、

マグネシヤマット釉薬を掛けたら、全体にサーモンピンクになった記憶がよみがえったのだ。

今回は、どうかな♪

いつもどおり、ラフなふちに合わせて、ルレットラインもラフに2本。

f0015614_20211612.jpg

お教室は、作品展。

いつも自分の作品を出しそびれてしまう私ですが、結構当日は皆の作品を堪能し、

お菓子付のお抹茶をいただくのが楽しみ。

↑、圧巻!!うちの会の会長のお抹茶茶わんがずら~~っとです。

会長の陶芸に対するパッションは半端ない。

そして、今回のお抹茶はこの中から選んでいただいてよいというので、私はこちらの井戸茶碗を。

f0015614_20214472.jpg

↑、この色、景色、貫入といい、釉薬の垂れ、、たまりませんね~♪

しまいには、このお抹茶茶わんをいただきましたの巻!!

年2回とはいえ、お抹茶をいただくのは、やっぱり落ち着くというか、心が癒されるなあ・・・

その理由は利休、、いや海老蔵に良く聞いてみたーい♪ (会長ではない)

今春は、5月に穴窯参加、そのあとに灯油窯と、陶芸にパッションを注ぎますぞ。

地味にためていた素焼きも、今日窯から出ればなかなかの量だった。

こうなると、釉掛けも楽しみになってきたかな・・・♪

f0015614_20221188.jpg

Commented by kyoko5346 at 2014-01-31 14:18 x
長皿、良い感じですね~!釉薬の色もとっても楽しみです。
お抹茶茶碗、貫入がとっても素敵に入ってますね。
ずいぶん長くお茶を習っていたのに、まともな茶碗は未だに作れていません(涙)
Commented by toyokoID at 2014-01-31 21:51
Kyokoさん、ありがとうございます。長皿は割と大きく深めになっています。理想の色がでるといいんですけどね。
お抹茶茶碗、自分ではほんと難しいですね~。会長のは男子手なので大きいんですが軽くて、すっぽりとその瞬間に手に馴染みます。
by toyokoID | 2014-01-26 21:06 | 陶芸ごと | Comments(2)

うつわをつくったり、絵を描いたりの日


by toyokoID
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る