冬の杖

f0015614_11261563.jpg

1月も、すでに半分が過ぎてしまった。

春までのしばらくのあいだ、工房の関係で作陶はお休み。

水が冷た〰いとかブツブツ言いながらも作業していた、いつもの真冬がいとおしい。

寒さと家族のこともあり、なかなか休みの外出も控えがちな今日この頃。

肺炎、ノロウイルス、インフルエンザ、放射能、セシウム、食品異物混入、、etc

聞こえてくる様々な陰鬱な情報が、なおもこの冬を重苦しくしてくれる。

f0015614_11263178.jpg

あれほどかたくなに拒んでいた杖を、母がつくことを決めた。

初詣の帰り、あまりにも歩行困難で息が上がっているので、

それは突然というより緊急(いつも)、、だから1000円ショップで。

『ね、楽でしょう。でもちょっと長いね・・・今度ちゃんとしたの買うからね』

『楽ちん、、長くないよ・・・ほら』 と、チャップリンのようにおどけ無理に元気をよそおう。

ゆっくりと、ゆっくりと歩く、久しぶりの長い地蔵通り。

新年の賑わう喧騒をよそに、ネジを巻き終わった時計の突然の作動のようだったかもしれない。

すると母が突然立ち止まり、杖をちょっと前に上げつぶやいた。

『私も、あれがしたかった、、。』

『あれって何よ?』

通り過ぎた、腕をささえ組みながら歩く老夫婦の姿。

『・・・福ちゃんが生きていたら、あれが出来たのに~』

母はわがままな女の子だ。

私はとてもせつなくなった。

f0015614_12251422.jpg

Commented by Kyoko5346 at 2015-01-19 21:57
作陶お休み寂しいですね。でも多趣味のtoyokoさんだから、いろいろやりそう。
お母さま、可愛くてステキです。
Commented by toyokoID at 2015-01-20 08:34
Kyokoさん、工事中なんですよ~暇(笑)、春が待ち遠しいです♪
母は、もう父が大好きで大好きで、、かわいい少女のよう、うらやましい!!
by toyokoID | 2015-01-17 12:30 | 陶芸ごと | Comments(2)

うつわをつくったり、絵を描いたりの日


by toyokoID
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る