築地から豊洲

f0015614_07233030.gif

築地市場が豊洲に移転しました。

携わる人たちは、この数年、本当に大きな動揺と決断、大変な動力と思いがあったことと思います。

その名前聞くだけで、少し私自身も胸が熱くなったり・・・

昔、まだ何もない有明町の材木屋工場で幼少時代を過ごしました。

東京湾に木材がぎっしり並んでいた頃、ハゼやウナギを釣って食べたり、

遠く見える羽田から、たまーに飛び立つ飛行機、若い衆は最初のテトラまで勇敢にも泳いで渡ったりしていました。

我が家の台所=買い物は、まさに豊洲。

豊洲まではまだバスがあまりなく、父のトラックや

母と私のときは、今は考えられないけど、タンクローリーのおじさんが手をあげるとのっけてくれたりして、(ヒッチハイク)。

気が付けば私は病弱な子で、小児喘息を患い、小学校まで3回聖路加病院に入院。

豊洲の幼稚園に入っても週二回は、築地・聖路加に母に連れられ抗生剤注射を打ちに行き、体質改善をはかりました。

病院の帰りには、必ず築地市場をふらふら、美味しいものをいっぱい食べたな。

威勢の良い掛け声の中、きまってお茶問屋で「ほんまる~本丸~!」というお茶を買ってかえった記憶が蘇ります。

勝鬨橋をバスで渡り、豊洲へ向かうとき、

ひょっとして今にも橋が開いてしまうのではないかと、ドキドキ!


時代は流れ、今、その周辺は全く様子を変えました。

そしてそのエリアが東京オリンピックの舞台の中心にもなるなんて、

時は、後ろへは行かず、前に進むだけ。

それぞれの思いをのせて・・・

たのむよ、~台所、豊洲市場!

↑透明水彩で 『遊泳』。
















by toyokoID | 2018-10-08 10:19 | 絵描きごと | Comments(0)

うつわをつくったり、絵を描いたりの日


by toyokoID
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る